So-net無料ブログ作成

配灯計画大好きって、ヘンかしらん [● インテリアの仕事]

 ただいま、子育て真っ最中のご家族の新築住宅を設計していまーす。

 平面プランを練りに練り、クライアント様と打ち合わせやショールームへごいっしょしたり。

ショールーム!楽しいですね。クライアント様も、私も盛り上がりすぎるくらい盛り上がります。

それはいいのですが、見積もり、明らかに上がる方向に進んでいます(汗)

社内では、実施設計をせっせと引いてくれているのですが、

ショールームから帰ってくるたびに、変更、また、変更。ごめん。。。

 

さて、 今日は、配灯計画・コンセント・スイッチ関係を図面に落としていきます。

配灯計画ってあまり耳なじみのない言葉ですが、要するに照明の位置や明るさ雰囲気をプランすることです。

それに伴って、スイッチの位置も図面に落としていきます。

ご家族の暮らしぶりや動線を、物語のように大妄想しながら(~_~)

くつろげるリビングのあかりや、おいしいダイニングのあかりを考えていく、それに伴って「、ここしかない!」という場所にスイッチを付ける。

これが、たまらなく好きなんですね~。


しかし、スイッチやコンセントは付ける場所と高さ位置が難しいですね。

なぜかコンセントの位置、日本はえらい床の近くについています。

廊下のお掃除用コンセントだって、床近くについている。

なんで、いちいち腰をかがめてコンセントの抜き差しする必要がある?

しかも、小さなハイハイするような子どもたちが、よだれの付いた手で、何か突っ込みたく衝動に駆られる高さではないか。危険すぎる!

「コンセントはそんなもんです」という業界人の方がいましたけど、そんなおざなりでいいのか・・・ほんまに

いや、よくない!というわけで、弊社は展開図にスイッチやコンセントプレートを描いております。

これもどなたか建築家の先生がおっしゃってましたが「デザインの悪いのは、まぁ、、、見慣れるけど、使い勝手の悪いのは一生慣れることがない、いやだんだん腹が立ってくる」 

先生!おっしゃる通りです。新治頑張ります!

_20160223_131932.JPG

久しぶりの投稿となりました。
にもかかわらず、皆様ご訪問ありがとうございました。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。