So-net無料ブログ作成
検索選択
✜ インテリアを楽しもう ブログトップ

シジュウクラガリ?って何のこと [✜ インテリアを楽しもう]

素敵な「おとなマダム」のみなさん、こんにちは。このカテゴリーはインテリアを楽しむ素敵な「おとなマダム」のためのページです。ふと見れば、インテリアは子育て時代のままに放置されていませんか?今すぐ残像のように残されたお子ちゃま仕様のインテリアから脱却しましょう!ほら、冷蔵庫に貼ってあるアヒルのマグネットとか…(笑)。 さあ、おとなのインテリアを楽しみましょう。
?
さてと、久しぶりのブログで緊張しますが、よろしくお願いします[あせあせ(飛び散る汗)]
?
「シジュウクラガリ」 ということばをご存知でしょうか。
?
漢字で書くと「四十暗がり」
?
40歳を過ぎると、夜なんとなく「暗いなぁ・・・」とか感じる、はい!それです><;
?
「シジュウクラガリ」・・・なんという、やーな言葉でしょう、四十肩、五十腰にも負けじ劣らずのインパクト(笑)?
?
ほのかな明かりのおしゃれなレストランなど、ほのか過ぎて何が盛りつけてあるのやら。とか
?
夜のドライブもあんなに好きだったけど、今は道が暗くって億劫。とか
?
私は、ある夜、黒い服に黒いボタン付けをしました。そして、朝見るとぞっとするくらい、へんてこりんな付け方でした(笑)

人間の目の照度(明るさを感じる)は40歳になると20歳の1/2、
60歳になると20歳の時の1/3にもなるといいます。(が~ん)
おとなマダムの皆さんもすでに、ご経験ずみと拝察致しますm(__)m?
?
さて、リフォームの話です。ご依頼いただいたのは、60歳前後のすてきなおとなマダムです。
?
海外にもよく行かれており「天井にドカーンと照明器具を付けるのはイヤよ、あんなの付けてるのは日本だけよ。だっさーい!」
で、ダウンライトと建築化照明だけで工事は進みます。
しかし、私の心の中では引掛けシーリングの線だけでも引っ張っておきたい。
そこで、再度ご提案。?
「もしも、新聞とか読まれるとき、暗かったら困るので、線だけ出しておきますね。」
?結果的には、シンプルなシーリングライトもご注文いただきました。
?
白人の方は目の虹彩が薄いブルーだったりします。なので、日本人の黒い目に比べて暗くてもよく見えます。
反対に太陽カンカン照りの外ではまぶしくて、サングラスなしでは居られないのです。
そんな日本人の目の事情も含んで、いざという時のために、シーリングライトや手元用のフロアスタンドはいつでも付けられるように配線をしておきましょう
?
本日もご訪問ありがとうございました(^.^)/~~~?
?

インテリアをはじめる前にお部屋の写真を撮りましょう [✜ インテリアを楽しもう]

素敵な「おとなマダム」のみなさん、こんにちは。このカテゴリーはインテリアを楽しむ素敵な「おとなマダム」のためのページです。例えば、結婚して子育てをする。この時代は、何もかもが増えるばかりで、インテリアどころではなくなってしまうのが本音。しかし、こどもたちも巣立ちおとなだけの暮らしになると、家の中のものはどんどん減ってきて、ゴッチャリ感とさよならできますね。さぁ、今がインテリアの換え時、インテリアの楽しみ時です。

過日、日経新聞にインタビュー記事を掲載して頂きました。

タイトルは「お気に入りの写真から始めるインテリア] 

今日は、もう少し詳しくお気に入りの写真やお絵かきをしながら、インテリアをまとめるポイントをご紹介いたします。

2013-08-07-10.42.04.jpg 

さーて、インテリアを変えてみたいと思っても、なかなか腰が上がりません。

どうしていいのやら、何が違うのか、何がよいのやら・・・ 

長年、同じ空間を見続けていると、人間って慣れてくるのですね。

車の行き交う音や日常の雑音など、はじめは気になるけど、だんだん慣れて気にならないのと同じでしょうか。

この雑音を「ホワイトノイズ」というらしいですが、

インテリアも、長年住んでいると、この「ホワイトノイズ」ならぬ「ホワイトインテリア」があっても

気にしなくなるのでしょうか?

うちにもありますよ、「ホワイトインテリア」  ダイニングに、なぜか唐突な「青いシュレッダー」

郵便物の処理に便利ですが、「青」がいかにも事務用品の「青」でいけてません(^^;)・・・

普段は、便利に使っているのですが、時々この「青」にギョッとします。

・・・何とかしなくっちゃ。 

では、このホワイトインテリア」なるものを見つけるにはどうすればいいのでしょう

そんな時におすすめなのが、「部屋を写真に撮る」 ことです。

写真は、客観的に何かを見る時にとても便利な方法です。 

「えっ、こんな風なの。うちのリビング」と思ったら、インテリアを変えるチャンスです。 

案外、壁のカレンダーやテーブルの上の郵便物がインテリアを台無しにしている場合があります。 

いらないものが見つかった時は・・・簡単です。さっさと片付けてしまいましょう。 

それだけでも、スッキリと綺麗な空間になります。 

反対に、何か足らないなと思うこともあります。 

あっさりし過ぎの壁とか、のっぺりしたダイニングテーブルの上とか(^_^;)

photo1.jpg 

そんな時は・・・撮った写真に落書きをしてみましょう。

上の写真は、リフォームしたばかりのリビングですが、さすがにスッキリしすぎですね。  

page-00011.jpg 

ここに、クッションやラグ、額などを描き足してみました。 

白の空間に、パープルやイエローのクッションでアクセントを付けてみました。

「絵、描けませーん」という方は、お気に入りのインテリアの写真を横に並べるてみるだけでも

イメージがだんだん固まってきますよ。

 

さーて、イメージが決まったら、早速インテリアショップにお買い物。

しかし、ここで絶対忘れてはいけないのが、

撮った部屋の写真や、お気に入りのインテリア写真、描き足したイメージスケッチなどを持って行くことです。

インテリアショップに行くと、ディスプレーがどれも素敵で、とんでもなく目移りします。

しかも、「今流行のトレンド」なるものに、とても心動かされたりします。 

「あれも素敵!」「これも、いいな!」と思っていると、だんだんわからなくなって、なぜか違うものを買ってきたりします(+o+)

私は、マンションのモデルルームのセッテイングをする時

部屋の図面はもちろんですが、壁紙などのサンプルや、スケッチ・イメージ写真を1枚の紙にまとめてから小物を買いに行きます。

でないと、現場で「これは、どこに置くつもりで買ったのでしょう(T_T)」 なんてことになります。

恐るべし、インテリアショップのディスプレーマジック!!!

写真等があると、お店の人にも相談しやすいし、迷いを避ける事もできるので、是非試して下さい。

 

なんとなくイメージを変えたい→なんとなく買い物に行く→いろいろ目移りする→違うけど買ってしまう→結果チグハグ

という連鎖行動だけは、ぜひ避けましょう(笑)

さて、先ほどの落書きはどうなったでしょう。 photo1-(1).jpg

全体はモノトーンですが、シアーカーテンの線描きの花柄と無地のクッションを淡いパープルでまとめています。

やわらかモダンというところでしょうか。

壁は、横筋の入った塗壁が下からの照明に当たると、とても綺麗なので、あえて額は掛けないことにしました。 

インテリアは、足し算だけでなく引き算も大切です。

 

さて、おとなマダムの皆様、インテリアの模様替え、やる気出ましたでしょうか ?

「うちは、難解すぎるほどごちゃごちゃになってます」という方は

ぜひ、ぜひ、シーズプランニングにご相談下さいませ!!

   と、ここでちゃっかり宣伝もさせて頂きました(^_^;) 

 

皆様、本日もご訪問ありがとうございました(^o^)丿


nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おそろいの椅子でなくてもいいんです。 [✜ インテリアを楽しもう]

素敵な「おとなマダム」のみなさん、こんにちは。 このカテゴリーはインテリアを楽しむ素敵な「おとなマダム」のためのページです。ふと見れば、インテリアは子育て時代のままに放置されていませんか?今すぐ残像のように残されたお子ちゃま仕様のインテリアから脱却しましょう!ほら、冷蔵庫に貼ってあるアヒルのマグネットとか…(笑)。 さあ、おとなのインテリアを楽しみましょう。 

おとなマダムのみなさん、ダイニングテーブルと、ダイニングチェアはおそろいでなくちゃ

とか、思っていませんか? 

DSC_1250.jpg 

これは、3月にコーディネートさせていただいた「日経メッセ 建築建材展」のダイニングのコンセプトブースです。 

椅子は、あえて揃えませんでした。 

DSC_1258.jpg

でも、イメージだけは、「モダン」 「きゃしゃ」 「シンプル」 「木製」 を外さないようにしています。 

揃えなくてもいいけど、イメージは揃える。ここがポイントですね。 

我が家は、子どもの座っていた椅子だけ、なぜかいつもビスが緩んでガタついたものです。

なんでそうなるの?観察していると、やたら前後に貧乏ゆすり・・・そういうことか(笑)

思春期の男子は何かと騒がしい^^(今はもう青年ですが) 

我が家は、まだ何とかその椅子は持っているのですが

なにかで、椅子が壊れちゃったお宅もあると思います。

また、家族が増えた、ということもあるでしょう。 

いろいろな理由がありますが、新しい椅子を追加で買うときは、

ぜひ、ご自宅の椅子のイメージを思い浮かべてから買いましょう。

さて、お宅の イメージは、

「クラシック」 「花柄」 「ねこ脚」 「焦げ茶」?

それとも、

「ナチュラル」 「シンプル」 「ホワイト」 「木目」?

ぜひ、イメージの範囲をまもりましょう。 

ちなみに、我が家には来客用に予備の椅子が、部屋の隅に置いてあります。

メーカーもデザインも違いますが

イメージは「クロ」 「レザー」 「金属の脚」です。 

お気に入りの、チェアをひとつづつ揃えていく・・・

そんな楽しみも、「あり」ですよね。

 

皆様、本日もご訪問ありがとうございました

すてきなインテリアライフを (^^♪


クッションで「リ・アレンジ」 [✜ インテリアを楽しもう]

素敵な「おとなマダム」のみなさん、こんにちは。このカテゴリーはインテリアを楽しむ素敵な「おとなマダム」のためのページです。ふと見れば、インテリアは子育て時代のままに放置されていませんか?今すぐ残像のように残されたお子ちゃま仕様のインテリアから脱却しましょう!ほら、冷蔵庫に貼ってあるアヒルのマグネットとか…(笑)。 おとなのインテリアのをもっと楽しみましょう。


今日は「リ・アレンジ」のお話など

「リ・アレンジ」とは、模様替えまではいかないけど、部屋を新鮮な雰囲気にしたい!

というような感じでしょうか。

 

インテリアの中でも、カーテンやクッションなどのファブリックは

インテリアのイメージを大きく左右します。

特に、「ベッドルーム」はファブリックの占める面積がとても大きい部屋で

選ぶファブリックでガラリと雰囲気が変わってしまいますね。

 

「模様替えをしたーい」、「気分を変えたーい」と思っても、

ベッドカバーやカーテンを大胆な柄物にするのは、なかなか勇気が要ります。

しかし、クッションなど小さなものを変えるだけでも、充分、素敵なイメージチェンジができますよ。 

 

下の写真は、セントレジスホテル大阪のゲストルームです。 

DSC_0209.jpg

面積の大きなものは、ずっと使えるシンプルで上質なものですが

クッションが全体を引き締めて、素敵なアクセントになっています。

パープルと、イエローは補色関係で、よくタブーな配色と言われてきましたけど

お互いの色が際立たせ合っていると思いませんか?

真ん中のクッションのアップリケ、かわいいですよね

いま、3Dのデコも流行っていますね、あれば手持ちの花柄クッションにデコっても素敵かも。 

 

もうひとつのゲストルームです。 

DSC_0251.jpg 

こちらは、もっとシンプルアレンジです。

「パープル」と「イエロー」と「レッド」・・・色名だけ聞くとすごい配色に聞こえますが

テクスチャ(素材感)がいいと、こんなに落ち着いて見えるんですね。

今、インテリアのトレンドは配色を効かせること。

茶+水色 赤+黄色 ピンク+グリーン などなど

楽しげな配色でベッドルームを「リ・アレンジ」するのも素敵ですね。

 

ちなみに、ヘッドボードはシルクだそうです。 

ベッドカバーやリネン類は、ぜひ、ぜひ、いい生地にしてください。

でないと1~2年もすると、毛羽立ったり、繊維がよれてきて、しゃきっとしません。

何よりも、シュッとした清潔感がなくなってしまいます。

ベッドルームは、清潔感が命ですものね。  

さ、皆さんも、今すぐ「リ・アレンジ」はじめましょ ♪ 

  写真掲載は、セントレジスホテル大阪様に ご了承いただいています。セントレジスホテル大阪の公式サイトはこちらから→ http://www.stregisosaka.co.jp/ 

 

皆様、本日もご訪問ありがとうございました(▰˘◡˘▰)  


コッテリ系…マイブームです。 [✜ インテリアを楽しもう]

おかげさまで、この投稿で400記事目となりました。 いつも、つたないブログにご訪問いただき感謝申し上げます。ちょうど切りの良い機会に、ニックネームをseedsから堂々と(笑)Terumi Shinjiに変更いたしました。また、カテゴリーも整理し、新しく「インテリアを楽しもう」を設けました。ご家庭で楽しめるインテリアのアイデアを書いていこうと思っています。今後共よろしくお願いいたします。
 
素敵な「おとなマダム」のみなさん、こんにちは。このカテゴリーはインテリアを楽しむ素敵な「おとなマダム」のためのページです。ふと見れば、インテリアは子育て時代のままに放置されていませんか?今すぐ残像のように残されたお子ちゃま仕様のインテリアから脱却しましょう!ほら、冷蔵庫に貼ったままのアヒルのマグネットとか…(笑)。 さあ、おとなのインテリアを楽しみましょう。
 
 

先般、公共施設のデコラティブ系のインテリアコーディネートをさせていただいたのですが

それ以来、 コッテリ系のインテリアがとても気になります。

遅まきながら、ただいまテレビドラマの「デス妻」に夢中 !

チラチラ、見たことはあるのですが、じっくり見るのは初めてです。 

ご存じない方もいらっしゃると思うのでかいつまんで・・

「デス妻(デスパレートな妻たち)」 とは、アメリカの郊外に住む個性豊かな主婦たちのお話。

彼女たちの身の回りには、絶対絶命!と思うような出来事や事件が次々に!

でも、彼女たちは、それなりに、さくさく乗り越えて前向きに生きていくのです!

ポジティブな彼女たちに、感心したり、見習わなきゃと思ったり。

 

前置きはさておいて、本題です^^。

町の名前はウィステリア(藤)通り

名前のとおり公園や家の庭には藤棚があり、年中藤の花が咲いていて

藤の花の「枝かぶり」で、シーンが始まったりもよくします。

(枝かぶりとは、手前にフレームのようにアップで画面に入れる方法です) 

ハウススタイルは白が基調の上品で優なヴィクトリアンスタイル系です。

緑の芝生と花咲く庭。これだけでもうっとりですよね。 

内装は、窓・ドア・巾木・廻り縁全てモールディング入り

廻り縁.jpg

 ( ↑ モールディングサンプル。メーカーさんのカタログからお借りしました。)

モールディングを入れると、部屋の雰囲気が ぐんと上質になりますね。

豪華なシャンデリアに、暖炉に、クラシックで上質な家具・ソファなど、どの家のインテリアも個性があり素敵です。

家具や、小物の配置もそれぞれ絶妙。 勉強になります。

その中でも、ガブリエルさんちのリビングの窓枠が濃い目のピンクで塗装してあり

えっ?と思ったのですが、それも一瞬で、実はとてもインテリアに馴染んでいて、キュートでした。

私の見てるのはシーズン3です。シーズン8ファイナルはBSプレミアムで放送中のようです。

シーズン8は、孫も生まれるとか。「おとなマダム」になった妻たちを早く見たいです。

きっとインテリアも模様替えしたりするんでしょうね。楽しみです。

 

西洋のインテリアは、ルネッサンスやバロック・ロココから

脈々と現在に受け継がれてきたDNAで成り立っているので

我々には、一朝一夕には真似はできにくいですね。 

海外ドラマを、ちょうどいい、「洋のインテリア」のレッスンとして

見てみるのも楽しみ方のひとつではないでしょうか。 

 

皆様、本日もご訪問ありがとうございました。(▰˘◡˘▰)


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビデオを見ても、頭の中はインテリア^^ [✜ インテリアを楽しもう]

先日、録画しておいた映画を鑑賞。

タイトルは「ペティグルーさんの運命の一日」(2008年アメリカ)

1.png

時代背景は、1939年。家庭教師を職業とするペディグルーさんは頑固でまじめすぎるのが災いしてクビになってばかり。

紹介所(今でいう派遣会社?)からもとうとう次の紹介を断られる始末なのですが、紹介所にあった顧客カードを盗んで3人の恋人を持つ女優のデリシア・ラフォスの元に私設秘書としてもぐりこんでしまう・・・

というところから、ペティグルーさんの運命の一日が始まります・・・・

テンポもよくて、おとなのラブコメディとして楽しい映画でした。

しかし、ストーリーもさることながら、インテリアがとてもすばらしくて、2回も見てしまいました。

サテン、シルク、金、ベルベット、毛皮、・・・ツルツルして、ピカピカして、フワフワ

アールヌーボーとアールデコの入り混じった最上級のインテリアを

リモコンのストップモードを駆使しつつ?かぶりついて見てしまいました。

曲線美のアイアンの手すりの螺旋階段・・・

ウイリアムモリス風の壁紙や装飾を凝らした壁画、凝りに凝ったウインドートリートメント

どんす張りのベッドヘッドボードや、黒ミカゲにアールデコ風のラインの入った暖炉

うっとり、うっとり・・・・

 

インテリアは、今また装飾がキーワードです。

時には、濃厚で装飾たっぷりなインテリアも楽しんでみてはいかがでしょう。

youtubeで予告編を見つけました ↓ ↓ ↓

皆様、今日もご訪問頂きありがとうございました m(__)m


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
✜ インテリアを楽しもう ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。